【銘柄分析】三菱HCキャピタル(8593)株価が安い理由は?配当狙いで株価が下がれば購入もあり

この記事は2023年3月第1四半期決算短信までの情報をもとに作成しています。
この記事は投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。
また、結果を保証するものでもありません。

配当狙いであれば、不動産投資型クラウドファンディングもおすすめしています。かなりリスクが低く利回り4~8%程度を狙える投資手法なので、私も保有比率を高めています。なぜリスクが低いのに高い利回りで投資できるのかはこちらの記事で確認してください。

目次

結論

キャピタルゲイン目的では購入しない銘柄ですが、配当目的ということと、三菱という名前を冠しているのであれば投資するのもありいうところです。ちなみに三菱HCキャピタル(8593)は株主優待はありません。

配当利回り4%と考えると、株価600円なら1株当たり約25円の配当になります。
実質毎年25円ずつ株価が減少してもトントンくらいということです。

正直株価が急上昇していくとは思わないので、株価が安いタイミングで購入するのが重要だと考えています。株価チャートはこの10年だとおおよそ450円~750円程度のボックス圏内を動いています。(長期的に見れば徐々に上がるかもしれません)

現在の株価では購入するには高いので、株価が600円以下(できれば550円程度)で購入して株価の上げ下げを気にせずに長期保有し続けるのが基本戦略です

【2022/12/20追記】日本株の長期金利上昇(厳密にはYCCの上限が0.25から0.5%になった)の懸念から日経平均が急落しました。2023年は銀行株や配当狙いの株に人気が集まるかもしれません。

高配当株についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ストーリー

三菱HCキャピタル(8593)はリースで大手の会社です。
実際には金融だけでなく、様々なセグメントを保有するコングロマリット企業といえます。

21年4月に日立キャピタルと統合、22.3期は最高益を出しています。

24期連続増配中で配当が有名な企業ですので、配当狙いの投資をすることになります。
配当利回りは4~5%程度というところです。(現在だと1株あたり30円程度)

株価は2022年8月25日現在670円程度です。
株価は大きく上昇しないと考えていますが、配当がでるので毎年30円ずつ減少しても実際はトントンになると考えれば、長期保有前提で投資するのが基本戦略となります。

企業概要・ビジネスモデル

概要

【決算】3月
【設立】1971.4
【上場】1985.3
【特色】三菱UFJグループ。日立キャピタルと21年4月統合。リース首位級。M&Aで海外展開加速
【連結事業】カスタマー32(6)、アカウント25(6)、航空9(4)、ベンダー8(2)、不動産6(18)、ライフ6(5)、他14(3)
【海外】27 <22・3>

一応業種としてはリースとなっていますが、コングロマリット化しているので、もはや何の会社かはわかりにくい状況ですね。とはいえ、カスタマーソリューションと海外地域で半分以上の資産残高を占めています。

決算資料等ではセグメントは以下の通りとなっています。

セグメント概要セグメント資産残高※
カスタマーソリューション法人・官公庁向けファイナンスソリューション、
ベンダーと提携した販売金融、不動産リース、金融サービス
32,821
海外地域欧州・米州・中国・ASEAN地域における
ファイナンスソリューション、ベンダーと提携した販売金融
24,859
環境エネルギー・インフラ再生可能エネルギー発電事業、省エネルギー事業、
海外インフラ投資事業
4,347
航空航空機リース事業、航空機エンジンリース事業14,406
ロジスティクス海上コンテナリース事業、鉄道貨車リース事業10,848
不動産不動産証券化ファイナンス、不動産再生投資事業、
不動産アセットマネジメント事業
7,113
モビリティオートリース事業及び付帯サービス1,270
※セグメント解説 (セグメント資産残高は2023/3月期1Q時点)

財務分析

画像はバフェット・コードの情報を使用しています。
https://www.buffett-code.com/company/8593/financial

売上と利益
バフェットコードより8593で検索

売上高利益率ともにほぼ横ばい、22.3期は三菱UFJリースと日立キャピタルの統合により倍増。今後はまた横ばいに戻る想定。

利益に関しては横ばいか微増。23.3期以降の増加に注目したいところです。

EPSと配当

EPSは20.3期頃まで右肩上がりでしたが、いったん減少しています。今後注目です。

配当に関して、24期連続増配と花王(4452)のようなパターンです。
配当性向は上のグラフはちょっと違っていて、実際には約40%となっています。売上が横ばいか微増程度であれば配当性向を少し上げても、増配を続けていくのではないかと予想します。

キャッシュフロー

この辺りからが少し気になる部分です。キャッシュフローに関して、FCFがほとんどマイナスとなっています。営業CFがマイナスの期が多いところも気になります。合併後21.3期以降どうなっていくか注意していく必要がありそうです。

roe分解

ROA、ROICの値が低く、ROEは財務レバレッジの高さからくるものです。

上のFCFがマイナスになっているときが多いのも同様で、業種的にこのような構造になりやすいようですが、個人的には少し投資を躊躇する要因になります。

従業員数と1人当たりの営業利益

従業員数は統合の影響により22.3期で増加しています。逆に1人当たりの営業利益は減少しているところはマイナスポイントです。

【その他】

21年3月決算数値だとROIC < WACC 、 EVA < 0 であり、通常であれば投資しないという判断になります。投資するとしても配当狙いであること、三菱系列だからまぁ大丈夫かというところになるでしょうか。

有利子負債 7,536,593,000,000 (86.3%)
株主資本合計 1,200,456,000,000 (13.7%)
投下資本 = 有利子負債+株主資本合計=8,737,049,000,000

営業利益 114,092,000,000
実行税率 31.2%
NOPAT = 営業利益 × (1-実行税率/100) = 78,495,296,000
ROIC = NOPAT / 投下資本 ≒ 0.9%

借りたお金の金利 3%とする。
借りた資金の資本コスト = 金利 × (1-実効税率)≒ 1.78%
Rf(10年物国債利回り)= 0.2% とする。
Rm(市場の長期平均リターン)= 7.3% とする。
マーケットリスクプレミアム(RmーRf)≒7.1%
β=0.9とする。(バフェット・コードの値を採用)
CAPM = Rf + β(RmーRf)=6.59
WACC =(2.322*0.347)+(14.4*0.)≒ 2.69
EVA = NOPAT ー 投下資本 × WACC ≒ -156,170,033,920

株価の想定

株価(8/22) / EPS = PER
667 / 69.2 ≒ 9.64 【22.3期実績EPS】 
667 / 76.6 ≒ 8.7 【23.3期予想EPS】

年度EPS(円)1年前2年前3年前4年前
1871.6
1977.38.0%
2079.42.7%5.3%
2162.1-21.8%-10.4%-4.6%
2269.211.4%-6.6%-3.6%-0.8%
23(予想)76.610.7%11.1%-1.2%-0.2%
24(予想)80.14.6%7.6%8.9%0.2%
EPS成長率 1年前は直近1年での成長率、3年前は3年間での年間平均成長率

PER = 株価 × 株式数 / 当期純利益
9.63 ≒ 667 × 1,435,855,843 / 99,401,000,000 【22.3期実績純利益】
8.70 ≒ 667 × 1,435,855,843 / 110,000,000,000 【23.3期予想純利益】
8.33 ≒ 667 × 1,435,855,843 / 115,000,000,000 【24.4期予想純利益】

株価 = PER / 株式発行数 × 当期純利益
623 ≒ 9 / 1,435,855,843 × 99,401,000,000【22.3期実績純利益】
689 ≒ 9 / 1,435,855,843 × 110,000,000,000【23.3期予想純利益】
720 ≒ 9 / 1,435,855,843 × 115,000,000,000【24.3期予想純利益】

PER9倍程度を基準とするなら、23.3期予想純利益では株価は約689円程度です。
PERが何倍程度が適正なのかは難しいところですが、他の企業を見る限り、業種的にはそれほど高いPERではなく9倍は妥当な水準だと考えますが、もう少し株価がさがってから購入したいです。

類似企業比較

過去チャートをみると、この数カ月で大きく株価が上がっているので、もう少し下がってから購入したいところです。

この銘柄は株価は大きく上がらずボックス圏内を移動する可能性が高いので、急いで購入する必要はない想定です。

三菱HCキャピタルのチャート

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

三菱HCキャピタルは連続増配で有名な企業なので、配当狙いであれば投資もありだと思います。ただ、通常であれば投資しない銘柄で、株価の上昇はあまり期待できない銘柄だと思います。

そのため、株価が安いタイミングで購入したいところです。現在の株価(2022/8/25時点:670円程度)では高いので、株価が下がれば検討したいところです。

ありがとうございました。

【投資の勉強の仕方がわからない人へ】
この無料セミナーを1時間視聴すれば、投資の考え方・勉強方法がわかり、投資のリターンが2倍になる1歩目になります。
毎日300名以上の申込みがある無料セミナーはこちら。今なら5000円⇒0円なのでお早めに。

クリックして応援してくれると嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次