TradingviewでFFレートを表示する 各国の政策金利インジケーター

こんにちは、みたお(@mitao_kabu99)です。

この記事ではTradingviewの機能で、知っている人にはなんてことがない機能でも、知らないとこんなこともできるのかということを紹介します。

前回は異なる単位のチャートを同時に表示する方法を紹介しました。

今回はFFレートを表示する方法です。お気に入りのインジケーターを利用するパターンも紹介します。

目次

通常のFFレートの表示方法

1つ目は通常のシンボル検索からTradingviewで準備されているFFレートの表示です。

検索で「FEDFUNDS」で検索します。

Tradingview シンボル検索
Tradingview シンボル検索

個人的にはラインステップとかがFFレートとしては見やすいのかなと思います。

Tradingview チャート設定
Tradingview チャート設定

実際に利用するときには、別のチャートと分けて表示するほうがわかりやすいのかなと思います。下のチャートはドル円のチャートを上につけて、FFレートを下にしています。

チャートを右クリックすると編集画面が出てきます。下の画像はすでに下にFFレートがあるので、「上の既存ペインへ」となっていますが、通常は「下の新規ペインへ」の選択肢があります。

Tradingview チャート設定
Tradingview チャート設定

FFレートは株式指標、為替、債券利回りなどと相性がいい指標だと思います。

お気に入りインジケーターを追加

Tradingviewはお気に入りのインジケーターを登録する方法もあります。

私はこの方のインジケーターを入れています。
https://sabaisabaifx.com/tradingview-indicator-central-bank-interest-rates/

利用する場合はご自身の責任でお願いします。

登録するとインジケーターのお気に入りに「Central Bank Interest Rates」というものが追加されます。

Tradingview お気に入りインジケーター
Tradingview お気に入りインジケーター

これを使うと下のペインにFFレートが表示されます。私は米国だけ表示させていますが、各国の政策金利を表示可能です。

Tradingview インジケーター表示状態
Tradingview インジケーター表示状態

インジケーターの設定はこんな感じです。様々な国のチャートを追加したり色を変えたりできます。

インジケーター設定画面

お気に入りのインジケーターを始めて使いましたが、使いやすいものは取り入れるのはありだと思います。

このブログの紹介

このブログでは投資初心者の方から中級者くらいの方に向けて情報を発信しています。

無料の投資セミナーなんかも紹介しています。

投資の達人になる投資講座は生徒数、講師数、講義数、講義時間数ですべて日本一なんだそうです。
こちらのセミナーはWEBだけで閲覧可能で、私も実際に試してみましたが特典ももらえたので簡単でお得でした。
今なら\5,000⇒無料です。

他にも有効な投資方法を紹介しています。2024年あたりまでは株式市場はかなり厳しい状況になります。他の投資方法も検討しておいたほうがリスク分散になりますよ。

私は不動産クラウドファンディングの将来にかなり期待をしています。
COZUCHIは過去元本毀損がありません。リスクを下げることができる理由が知りたければこちらを見てください。

他にも個別銘柄の分析や、米国ETFの解説などをしています。

クリックして応援してくれると嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次