【米国高配当ETF】SPYDの買い時を解説!いくら配当金がもらえるの?

こんにちは、みたお(@mitao_kabu99)です。

高配当の米国ETFは日本でも人気です。SPYDは同じく高配当銘柄として人気のVYMよりも分配利回りが高いので分配金狙いであればおすすめできる銘柄です。SPYDはVYMとは少し特徴が違うので、そのあたりを踏まえて買い時を解説していきます。

SPYDの特徴
SPYDの特徴

マネックス証券であればSPYDの買付手数料が全額キャッシュバックされます。米国ETFを始めるなら一番おすすめできる証券会社です。

マネックス証券がおすすめな3つの理由
  • 米国株取引手数料や為替手数料が安い
  • 買付手数料0円の米国ETFが豊富 VTIやVOO、SPYDも買付手数料キャッシュバック対象!
  • 米国版銘柄スカウターで分析もラクラク
マネックス証券のデメリット
  • 国内株の定額手数料コースで0円部分がない

米国株取引をするなら、一番おすすめできる証券会社です。
口座開設しているだけで、銘柄スカウターを使うことができます。米国版もあるので一度使ってほしいです!

\ 口座保有しているだけでもおすすめな証券会社 /

マネックス証券
目次

SPYDの概要 配当金はいつ、いくらもらえる?

まずはSPYDの基本情報を抑えておきましょう。

基準価額(米ドル)41.58 (2023/01/13)
純資産総額(百万米ドル)7,432.92 (2022/12/30)
分配金回数/年4回
分配利回り4.77 %
経費率0.07 %
設定日2015/10/22
騰落率(1年)-1.17 %
SPYDのETF情報(2023/1/17時点)

分配利回りが4.77%とかなり高いです。VYMが2.92%(どちらも2023/1/17時点)なので、2%近くSPYDの分配利回りのほうが高いことがわかります。

分配金関連情報

分配金は年4回受け取ることができます。毎年3月、6月、9月、12月の中旬ごろが権利落ち日となるので、それまでに保有しておくようにしましょう。

分配金履歴【2016~2022年】(クリックすると開きます)
日付(権利落ち日)分配金
2022/12/160.507258
2022/09/160.418383
2022/06/170.40499
2022/03/180.65271
2021/12/170.127557
2021/09/170.386582
2021/06/180.398912
2021/03/190.636159
2020/12/180.606617
2020/09/180.263572
2020/06/190.365715
2020/03/200.396187
2019/12/200.49717
2019/09/200.447676
2019/06/210.461955
2019/03/150.339422
2018/12/210.44335
2018/09/210.45071
2018/06/150.376101
2018/03/160.348771
2017/12/150.398982
2017/09/150.362827
2017/06/160.342752
2017/03/170.31759
2016/12/160.584971
2016/09/160.326104
2016/06/170.325596
2016/03/180.277192
STATE STREET社HPの情報から作成

年度別の分配金は以下のようになっています。

年度分配金(ドル)
2022年1.983341
2021年1.54921
2020年1.632091
2019年1.746223
2018年1.618932
2017年1.422151
2016年1.513863
STATE STREET社HPの情報から作成

SPYDの構成銘柄と構成セクター

SPYDの上位構成銘柄は以下の通りです。全体で約80銘柄なので構成銘柄数としては多くありません。

ティッカー銘柄ウェイト
GILDギリアド・サイエンシズ1.73%
PFGプリンシパル・ファイナンシャル・グループ1.71%
CAHカーディナル・ヘルス1.65%
VLOバレロ・エナジー1.60%
XOMエクソン・モービル1.59%
DRIダーデン・レストランツ1.51%
CVXシェブロン1.50%
OKEワンオーク1.49%
IPGインターパブリック・グループ・オブ・カンパニーズ1.49%
OMCオムニコム・グループ1.49%
STATE STREET社HPの情報から作成 構成銘柄上位10社 2023/1/18時点

セクター構成は以下の通りです。

セクター名称組入比率
金融21.91%
公共事業14.88%
不動産13.42%
エネルギー10.24%
生活秘術品7.84%
ヘルスケア7.37%
通信サービス6.41%
素材6.30%
一般消費財5.75%
情報通信4.71%
資本財・サービス1.18%
SPYDのセクター別構成比率 2023/1/18時点

SPYDの買い時はいつ?下落時を狙ってスポット購入したい

SPYDはVYMと比較すると、分配利回りが大きいかわりに値動き激しい特徴があります。株価が下落しているタイミングでは分配利回りがあがるので、どちらかというと積立投資よりも下落時にスポットで購入したいETFです。

SPYDの過去チャート

20年のコロナショックではSPYDは大きく下落しました。下のチャートではその後VYMよりも上に動いていませんが、期間を変えれば、短期的にSPYDのほうがリターンが上回ることも多いです。

Tradingview
出典:Tradingview SPYDとVYMの比較

SPYDは2022年末から株価が上がっていますが、2023年に米国株式市場は全体的に下落すると予想しています。22年10月に記録した35ドル近くまで下落すれば配当利回りが5.5%を上回ります。39ドルで約5%となるので、それ以下に株価が下落したらスポット購入を考えてもよさそうです。

出典:Tradingview SPYDの直近1年の推移

SPYDとVYMの増配率を比較

VYMとの増配率を比較します。過去5年の平均では平均増配率は約5%となりました。ただし、この結果はたまたまで、SPYDは増配率もかなりの差があります。この結果からも積立投資ならVYMスポット購入ならSPYDのほうが適しているかなと感じます。

年度分配金(SPYD)増配率(SPYD)分配金(VYM)増配率(VYM)
5年平均5.2%5.2%
20221.9828.0%3.254.8%
20211.55▲5.1%3.16.5%
20201.63▲6.5%2.912.5%
20191.757.9%2.847.2%
20181.622.65
増配率の平均は2022年と2018年の差から算出

SPYDの注意点 外国税額控除は欠かせない

SPYDだけでなく、米国株の配当は二重課税となります。これに対応するには確定申告で外国税額控除の申請をしなくてはいけません。外国税額控除は初めてだとかなり面倒ですが、一度やり方を覚えれば慣れるので頑張って覚えると投資の幅が広がります。

ちなみに、外国税額控除をしなくても問題はありませんが、10%分課税されているので絶対したほうがいいです。

参考:国税庁「No.1240 居住者に係る外国税額控除

SPYDはスポット購入で買い増していきたい

ここまで読んでいただきありがとうございました。

SPYDとVYMはどちらも高配当銘柄ですが、特徴が少し違います。VYMはスポット購入に適しているので、2023年は狙っていきたい高配当ETFの1つになりそうです。

【高配当の投資を探している方へ】
不動産クラウドファンディングがおすすめです。
優先劣後構造という仕組みで個人投資家の損失がでるリスクが低くなっています。
なぜ低リスクで安定して4~8%程度のリターンを出せるのか?理由はこちらから↓

クリックして応援してくれると嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次