【VHT/XLV/IXJ】ヘルスケアETFのおすすめ3選徹底比較!構成銘柄や過去チャートを解説

こんにちは、みたお(@mitao_kabu99)です。

2022年の米国はインフレを抑制するために金利を上昇させました。インフレ率のピークアウトは鮮明ですが、リセッション(景気後退)がいつ起こるのか見通せない状態です。

このように今後の株価の見通しが異なる中でも、主要な金融機関で意見が一致しているのは「ヘルスケアセクター」の投資です。

ヘルスケアセクターはディフェンシブ銘柄でもあり、成長産業でもあるという面白い立場にあります。米国が得意なハイテク産業は比較的割高な銘柄なので、その面でもヘルスケアセクターが推奨されています。

ヘルスケアセクターの特徴

そのほかのセクターに関してはこちらの記事で紹介しています。

【米国ETF取引ならマネックス証券がおすすめです】

マネックス証券がおすすめな3つの理由
  • 米国株取引手数料や為替手数料が安い
  • 買付手数料0円の米国ETFが豊富 VTIやVOO、QQQも買付手数料実質0円
  • 米国版銘柄スカウターで分析もラクラク
マネックス証券のデメリット
  • 国内株の定額手数料コースで0円部分がない

米国株取引をするなら、かなりおすすめです。
銘柄スカウターを使うために口座開設するだけでもお得!

\ 口座開設してるだけでお得な証券会社No1 /

マネックス証券
目次

ヘルスケアセクターの概要と特徴

ヘルスケアイメージ

ヘルスケアセクターは不況や不景気に左右されにくい、常に一定の需要が見込めます。
なぜなら、不況になっても風邪を引けば薬が必要ですし、病院もなくてはなりません。

また、長寿命化や高齢化は今後避けて通れない課題です。
予防、治療、介護など様々なケースにおいて、ヘルスケアは重要な役割を占めます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ではワクチン開発などでもヘルスケア部門の重要性が再認識されました。
コロナウイルス下での景気減速※1の中でもヘルスケアセクターは約10%の下落のみと他セクターよりも下落率が小さかったことも景気に左右されにくい裏付けとなっています。
※1.2020年度1-3月期 (同時期エネルギーは約43%の下落、金融は約30%の下落)

一方で、バイオ医薬品やITを伴う医療など最先端の技術も投入されており、ディフェンシブなだけでなく成長産業としても期待できるセクターです。

ヘルスケアセクターのインダストリーは以下の通りです。
インダストリーはセクターの下にあるサブカテゴリーのようなものです。

インダストリー(英語)インダストリー(日本語)割合(%)
Pharmaceuticals医薬品26.0
Health Care Equipmentヘルスケア機器19.4
Biotechnologyバイオテクノロジー17.3
Life Sciences Tools & Servicesライフサイエンス ツール・サービス12.8
Managed Health Careマネージドヘルスケア12.2
Health Care Servicesヘルスケアサービス5.4
Health Care Distributorsヘルスケアディストリビュータ1.8
Health Care Facilitiesヘルスケア施設1.8
Health Care Suppliesヘルスケア用品1.7
Health Care Technologyヘルスケアテクノロジー1.7
バンガード社HPより 2022/3/31時点
※割合はMSCI USインベスタブル・マーケット・ヘルスケア・インデックスの割合です

ヘルスケアセクターETF(VHT、XLV、IXJ)の比較

ヘルスケアのイメージ

ここではヘルスケアセクターの主なETFを3種類解説します。

ヘルスケアセクターのETF
  1. VHT(バンガード 米国ヘルスケア セクター ETF)
  2. XLV(ヘルスケアセレクトセクターSPDRファンド)
  3. IXJ(iシェアーズ グローバル ヘルスケア ETF)

3つのETFを比較すると以下のようなイメージです。
個人的にはVHTXLVのどちらかが良いと思います。
※ETFや投資信託は経費率を下げるのが重要なため

スクロールできます
VHTXLVIXJ
純資産総額(百万ドル)17,047.98 37,059.363,492
分配利回り1.24%1.39%1.15%
経費率0.10%0.10%0.43%
過去パフォーマンス
リスク分散米国内
銘柄多
米国内
銘柄少
グローバル
銘柄中
2022年4月20日時点

VHT(バンガード 米国ヘルスケア セクター ETF)

VHTはバンガード社が提供するETFです。

バンガード・米国ヘルスケア・セクターETF(VANGUARD HEALTH CARE ETF)は、MSCI USインベスタブル・マーケット・ヘルスケア25/50インデックスのパフォーマンスへの連動を目指す。米国のヘルスケア・セクターの大型株、中型株、小型株に投資する。当インデックスは、米国のヘルスケア・セクター株式銘柄で構成されている。このセクターは、ヘルスケア機器およびヘルスケア用品を製造する企業またはヘルスケア関連サービスを提供する企業、医薬品およびバイオテクノロジー製品の研究・開発・製造・マーケティングを主たる業務とする企業で構成されている。

SBI証券 VHTのETF情報より
基準価額(米ドル)231.78 (2022/09/20)
純資産総額(百万米ドル)15,828.47 (2022/08/31)
分配利回り1.38 %
経費率0.10 %
設定日2004/01/26
騰落率(1年)-8.39 %
VHTのETF情報(2022/9/24時点)

VHTの構成銘柄

上位10銘柄の構成は以下の通りです。
VHTは2022年4月20日現在で439銘柄で構成されています。

名称割合
UNH:ユナイテッドヘルス・グループ7.76
JNJ:ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)7.5
PFE:ファイザー4.56
ABBV:アッヴィ4.52
TMO:サーモフィッシャーサイエンティフィック3.71
ABT:アボットラボラトリーズ3.69
LLY:イーライリリー3.52
MRK:メルク3.35
DHR:ダナハー3.06
BMY:ブリストル マイヤーズ スクイブ2.64
上位10銘柄の構成(2022/4/20時点)

VHTのチャート推移

過去5年間のチャートです。(2022/9/24更新)
2020年頃のコロナウイルスの下落もすぐに回復していることがわかります。ヘルスケアセクターはワクチンなども関連したので戻りが早いですね。

2022年は米国市場が急激に落ち込みましたが、ヘルスケアは何とか踏みとどまっている印象です。

VHT過去チャート
出典:Tradingview VHT過去チャート

次にS&P500のインデックスと比較してみます。上の緑色ラインがVHTのチャートです。
10年以上という期間でみるとVHTに投資したほうがリターン大きいことがわかります。

VOOよりもリターンが良いのはヘルスケアセクターに特化しているためと言えます。

また、2022年の下落はVHTのほうが小さいこともわかります。ディフェンシブでありながら成長性もあるヘルスケアセクターの特徴がよくでています。

VHTとS&P500の比較
出典:Tradingview VHTとS&P500の比較

XLV(ヘルスケアセレクトセクターSPDRファンド)

XLVの概要は以下の通りです。

ヘルスケア・セレクト・セクター SPDR ファンド(HEALTH CARE SELECT SECTOR SPDR FUND)は、 S&P ヘルスケア・セレクト・セクター・インデックスのパフォーマンス(手数料および経費控除前)に連動する投資成果を目指している。

SBI証券 XLVのETF情報より
基準価額(米ドル)124.80 (2022/09/20)
純資産総額(百万米ドル)37,643.95 (2022/08/31)
分配利回り1.57 %
経費率0.11%
設定日1998/12/16
騰落率(1年)-3.56 %
XLVのETF情報(2022/9/24時点)

XLVの構成銘柄

上位10銘柄の構成は以下の通りです。
割合は異なりますが、上位構成銘柄自体はVHTとほぼ同様です。

名称割合
UNH:ユナイテッドヘルス・グループ9.6
JNJ:ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)9.13
PFE:ファイザー5.34
ABBV:アッヴィ5.24
TMO:サーモフィッシャーサイエンティフィック4.29
ABT:アボットラボラトリーズ4.02
LLY:イーライリリー4.47
MRK:メルク4.11
DHR:ダナハー3.29
BMY:ブリストル マイヤーズ スクイブ3.16
上位10銘柄の構成(2022/4/20時点)

VHTとの違いは構成銘柄の数です。
2022年4月20日現在、XLVは67銘柄で構成されています。
上位10銘柄で約53%、20銘柄まで広げると約73%の割合となります。

対してVHTは2022年4月20日現在で439銘柄で構成されています。
VHTが大型から小型株まで幅広く網羅していますが、XLVは大型株に特化しています。
VTIとVOOの関係に近いものがあります。

XLVのチャート推移

XLVの過去推移チャートはこのような感じです。
VHTと大きな違いはありません。

XLV過去チャート
出典:Tradingview XLV過去チャート

VHTとXLVを比較してみます。
これではわずかにVHT(オレンジライン)が上回っている期間もありますが、それほど違いはありません。

XLVとVHTの比較
出典:Tradingview XLVとVHTの比較

わずかですが、経費率や分配利回りも違うため、好みで投資先を決めるのでも問題ないと思います。

IXJ(iシェアーズ グローバル ヘルスケア ETF)

IXJは米国だけでなくグローバルに銘柄を組み込んでいるところが上の2つと異なります。

iシェアーズ グローバル・ヘルスケア ETF(iShares Global Healthcare ETF)はS&Pグローバル・ヘルスケア・セクター指数(S&P Global Healthcare Sector Index)の株価と実績に連動する投資成果を求める。同指数はS&Pにより選定されたヘルスケア業界の企業のパフォーマンスを反映する。同指数はS&Pグローバル1200指数(S&P Global 1200 Index)のサブ指数で、医療機関、バイオ医薬品会社及び医療用品、先端医療機器、医薬品生産会社により構成される。同指数はオーストラリア、ベルギー、カナダ、デンマーク、フランス、ドイツ、アイルランド、日本、オランダ、スイス、英国および米国にある会社の株式により構成される。同ファンドの投資アドバイザーはBlackRock Fund Advisors (BFA)である。

SBI証券 IXJのETF情報より
基準価額(米ドル)77.78 (2022/09/20)
純資産総額(百万米ドル)3,578.01 (2022/08/31)
分配利回り1.33%
経費率0.40 %
設定日2001/11/13
騰落率(1年)-8.87%
IXJのETF情報(2022/9/9時点)

経費率は他の2つの銘柄よりも高いので注意してください

IXJの構成銘柄

IXJは2022年4月20日現在ですと、133の銘柄から構成されています。
上位10銘柄の構成は以下の通りです。
ロシュやノバルティスといった日本でもなじみの銘柄が組み込まれています。

名称割合
UNH:ユナイテッドヘルス・グループ6.83
JNJ:ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)6.35
ROG:ロシュ・ホールディングス3.95
PFE:ファイザー3.95
ABBV:アッヴィ3.83
LLY:イーライリリー3.22
NOVN:ノバルティス3.06
TMO:サーモフィッシャーサイエンティフィック3.06
MRK:メルク2.95
AZN:アストラゼネカ2.89
上位10銘柄の構成(2022/4/20時点)

IXJのチャート推移

過去の推移チャートです。
こちらも右肩上がりです。

IXJ過去チャート
出典:Tradingview IXJ過去チャート

ただし、VHTと比較してみると、無視できない差が出ています。
この結果からVHTのほうが優れていると結論付けることはできませんが、過去の結果としては認識しておきましょう。

IXJとVHTの比較
出典:Tradingview IXJとVHTの比較

まとめ:ヘルスケアセクターETFはサテライト投資として利用したい

ここまで読んでいただきありがとうございます。

サテライト投資としてヘルスケアセクターへの投資は非常に有効だと考えています。
内容をよく検討してから投資してみてはどうでしょうか。

サテライト投資ってなに?という方はこちらを読んでください。

ありがとうございました。

IG証券のCFD取引ならETFの運用を5倍まで増やせます。

IG証券

CFDがどんな取引なのかはこちらで紹介していますので興味があれば参考にしてください。

クリックして応援してくれると嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次