日経ダブルインバースはやばいから買うな!大損する仕組みや注意点を解説

こんにちは、みたお(@mitao_kabu99)です。

知っている人も多いと思いますが、NF日経ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(1357)は、出来高上位の常連銘柄です。日経ダブルインバースというのは、簡単に言うと日経平均株価の日々の値動きの―2倍の動きをします。2023年に入り日経平均が上昇しており、2023年6月末時点では33,000円を超えています。つまり日経ダブルインバースは大きく下落していることを意味しています。

ちなみにNFは「NEXT FUNDS」で野村アセットマネジメントが運用するETFシリーズの名称です。

出来高が大きいということは多くの投資家が取引しているということですが、一般的な投資家の方が投資するのは非常に危険な商品だと考えています。とくに投資初心者の人は手を出さないようにしましょう。

この記事では(ダブル)インバース型のETFの危険性を解説します。

ダブルインバース型のポイント
ダブルインバース型のポイント

投資初心者の方であれば、インバース型で株価の下落に備えるよりも、債券型の安定した投資で低リスク低リターンの投資をするほうをおすすめします。下の不動産クラウドファンディングは私もよく利用している金融商品です。2023年になってから9%の高利回りファンドも出回っているのでおすすめです。

【低リスクミドルリターンの投資をするなら】
不動産クラウドファンディングをおすすめしています。COZUCHIは過去平均利回り実績が20%超で過去に元本毀損はありません。
なぜリスクが低く高いリターンを出せるのか?理由はこちら↓

目次

日経ダブルインバースとは?

NF日経ダブルインバース(1357)の基本情報を紹介します。

銘柄コード1357
名称NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信
純資産総額2,307.8億円
株価227円
売買単位1口
分配利回り0%
信託報酬0.88%
受益権口数1,014,880,000口
信用買残182,131,228(前週比-13,776,003)
公式ページNF・日経ダブルインバETF(1357)(NEXT FUNDSのページへ別タブで移動)
23/7/1時点

日経ダブルインバースの株価チャート

以下の株価推移をみてわかる通り、上場してからほぼ一貫して下落が続いている状況です。

NF日経ダブルインバース(1357)設定来の株価推移
NF日経ダブルインバース(1357)設定来の株価推移

以下のチャートは2023年の年初来からの日経ダブルインバース(1357)の株価チャートです。冒頭説明した通り直近日経平均は株価の上昇が続いているため、ダブルインバース型のETFは下落幅が大きくなっており、6月末までに約40%下落しています。

2023年のNF日経平均ダブルインバース株価チャート
2023年のNF日経平均ダブルインバース株価チャート

以下のチャートは日経平均ダブルインバースの株価、一目均衡表、下はMACDとストキャスティクスを示しています。2023年に入り下落(つまり日経平均は上昇)しており、そろそろ反転しそうな雰囲気がありますが、個人的には日経平均のインバース型なのでテクニカルよりもファンダメンタルズを重視したほうがよいと思います。今のところ日経平均が大きく下落する要素はあまりなさそうな気がします。2024年は米国株価に引きずられて下落するかも?

日経平均ダブルインバース(1357)とテクニカル指標
日経平均ダブルインバース(1357)とテクニカル指標

日本株および米国株のインバース型ETF おすすめの銘柄は?

そのほかのインバース型ETFもいくつか紹介します。そもそもインバース型はあまりおすすめはできませんが参考にしてください。出来高ができるだけ大きいもので、異なる指標に連動するETFを集めてみました。

インバース型は対象インデックスと逆の動きをしますが、同じ方向に動く商品はレバレッジ型と呼ばれています。インバース型もレバレッジ型もどちらもリスクは高い商品なので投資する際には十分検討してから行いましょう。

投資先銘柄コード名称概要
日本1360日経平均ベア2倍上場投信1357とは異なる日経平均のダブルインバースETF
日本1571NEXT FUNDS 日経平均インバース・インデックス連動型上場投信日経平均の-1倍インバースETF
日本1356TOPIXベア2倍上場投信TOPIXのダブルインバース型
日本2039NEXT NOTES ドバイ原油先物ベアETN原油関連のインバース型
米国SPXSDirexion デイリーS&P500ベア3倍 ETFS&P500のインバース型(3倍)
米国TECSDirexionデイリーテック株ベア3倍ETFテクノロジー株のインバース型(3倍)
米国SOXSDirexionデイリー半導体株ベア3倍ETF半導体関連(SOX指数)のインバース型(3倍)
インバース型ETF紹介

ダブルインバースとはどのような仕組みなのか?

そもそもインバース型の商品は、対象のインデックスと逆の動きをする商品を指します。ダブルインバースというのは、インデックスの反対の動きでさらに2倍の動きをするということです。

ちなみに同じ動きをするのはレバレッジ型です。レバレッジ型で有名なのはNASDAQ-100に連動するいわゆる「レバナス」です。レバレッジ型のETFは「ブル型」、インバース型のETFは「ベア型」とも呼ばれます。

どうして逆の動きをするのかというと、先物取引などを利用してうまく逆の動き(ダブルインバースなら2倍)になるようにしているからです。

日経平均が下落したら2倍儲かるわけじゃない

ダブルインバース型の場合はインデックスの2倍逆の動きをしますが、例えば基準とするインデックスの株価がある期間で100円から50円(つまり-50%)になったからといって、必ず200円(つまり+100%)になるというわけではありません。

絶対に覚えておかなければいけないのは、ダブルインバースは日々の騰落率の-2倍の動きをするということです。日々の騰落率の-2倍というのはこういうことです。

基準日株価1日目株価(騰落率)2日目株価(騰落率)
基準インデックス10080(-20%)100(+25%)
ダブルインバース型100140(+40%)70(-50%)
基準日からの値動き
基準インデックスとインバース型の関係
基準インデックスとインバース型の関係

上の図をみてわかる通り、基準となるインデックスが基準日の株価(100円)に戻っても、インバース型は元の株価には戻りません。つまり、2日以上にまたいで比較をする場合、株価の動きが-2倍とはならないということです。

ここでは基準インデックスが1日目に下落して2日目に上昇した例をあげましたが、1日目に上昇して2日目に下落したとしても結果は同様で元の株価には戻りません。

この動きについては、JPX日本取引所グループのインバース型指標の特性でも留意すべき投資スタイルとして注意喚起がされています。

原指標の上昇と下落が相互に繰り返されるような相場においては、複利効果により、原指標と比較して指数のパフォーマンスが逓減して行くという特性があり、投資者は利益を得にくくなりますので、留意が必要です。

JPX日本取引所グループ:インバース型指標の特徴 留意すべき投資スタイル

ダブルインバースは長期保有するほど大損しやすい

つまり、インバース型(レバレッジ型も同様)は株価がボックス圏内を動くような相場には弱いことがわかります。さらにいえば、インバース型といっても長期にわたって保有した場合、インデックスが下落していても(本来インバース型であれば上昇するはずなのに)インバース型の株価も下落している可能性もあるということです。

そもそも日経平均株価のような市場全体を評価するインデックスは、将来的に上昇することが期待されていますので、長期で逆張りするような投資はできるだけ控えたほうがよいと考えられます。

日経ダブルインバース(1357)と日経平均と株価チャートを比較

実際に日経平均(赤線)とNF日経ダブルインバース(1357:青線)の直近1年間の株価チャートを比較するとこうなります。

日経平均とNF日経ダブルインバース(1357)の株価チャート比較
日経平均とNF日経ダブルインバース(1357)の株価チャート比較

この1年の日経平均+2.50%に対して、NF日経ダブルインバースが-5.00%ではなく、-19.63%となっているのがわかります。長期保有で上げ下げしていると徐々にマイナス幅が拡大しているわかりやすい例といえます。

ちなみに、当然ですがこの2つの株価はほぼ完全な逆相関(相関係数がマイナス1)となっています。

ダブルインバースの買い方のコツや買い時は?

おすすめはしませんが、それでもインバース型のETFを利用するのであれば以下のような買い方をするのがよいでしょう。

インバース型ETFを買うコツ
  1. かなり強い下落圧力がかかるタイミングで、きわめて短期で投資する
  2. 日経平均が下落しそうだが、保有銘柄を売却したくないときのリスクヘッジ

1つ目は利益を狙いに行く投資です。下落する可能性が高い場合に短期間で投資します。日経平均に限らず、上で紹介したようなインデックスが下落すると予想する場合に対象の銘柄へ投資します。インバース型の商品はボックス圏内の動きには弱いですが、一方的に下落するときには強みを発揮します。ただし、予想に反した場合は損失が大きいことには十分注意してください。

2つ目は利益を狙うというよりリスクヘッジとして利用する方法です。日経平均が下落しそうだけど保有銘柄を売却したくない場合があります。このような場合、保有銘柄の含み損を許容しつつ、日経ダブルインバースなどで利益をとって相殺します。ただし、先述した通り、インバース型の商品あ長期投資に適さないため、長期間投資するとリスクヘッジが目的にもかかわらずリスクが増える点には注意してください。

ダブルインバースがやばいと言われる理由。投機的なケースが多い

Twitterなどでダブルインバースへ投資している情報を出している人は投機的な投資をしている人が多いように感じます。十分に研究して、予測しないとかなり危険ですね。

結論:ダブルインバースは難しいのでおすすめしない

結論としては、インバース型は難しいので、初心者は手を出さないほうが賢明です。それでも試したい人は少額でかつ短い期間で試してみましょう。

今後の日本株ですが、少なくとも現状は大きな下落がくるような状況ではないと思います。米国株が今年の中旬ごろからリセッションに入れば日本株もある程度引きずられそうですが、米国株はまた盛り返すはずなので日本株もそれほどダメージはないはずです。

【その投資、ちょっと待ってください!】
知識なく投資しても損をします。投資の達人になる投資講座の無料セミナーを1時間視聴するだけで、投資の基本知識や勉強方法がわかりますよ。

無料セミナーはネット上で視聴可能。今なら5000円⇒0円なのでお早めに

詳しくはこちら

クリックして応援してくれると嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次