SOLS(ソルス)の評判は?これを見れば特徴とデメリットがわかる!不動産クラファン投資中の筆者が解説

こんにちは、みたお(@mitao_kabu99)です。

実は不動産クラウドファンディングはリスクが低く、リターンが安定している投資です。クラウドファンディングと聞くと怪しそうに感じますが、投資のイメージは債券に似ています。投資の期間が決まっていて、想定利回りがすでに提示されています。(実際には早期償還される場合もあります)

この記事では不動産クラウドファンディング事業者の「SOLS(ソルス) 」について紹介します。

不動産クラウドファンディングはかなり人気なので、複数のクラウドファンディング事業者で投資家登録しておいて準備しておくことをおすすめします。

わたしも複数登録して、いいファンドがでてくるのを待っています。

SOLS(ソルス)の特徴
SOLS(ソルス)の特徴

\ FUNDROPの投資家登録はこちらから /

SOLS(ソルス)

こちらの記事で不動産クラウドファンディング事業者をまとめています。お気に入りに登録してもらってまとめて投資家登録してしまいましょう。

目次

SOLS(ソルス)の運用の仕組みを解説

会社名株式会社 不二興産
設立2000年8月
資本金1億円
代表者代表取締役 猪子能史
登録免許宅地建物取引業免許:国土交通大臣(2)第8892号
不動産特定共同事業の種別:第1号事業・第2号事業
不動産特定共同事業許可番号:愛知県知事 第4号
所在地〒452-0814 名古屋市西区南川町227番地
URLhttps://fuji-kosan.jp/
運営会社情報

SOLSはまだファンド数が少ない(2022年11月現在3本)ですが、劣後出資比率がかなり高いファンドが多いのが特徴です。また、運営会社が名古屋に本社があり、扱っているファンドも関東だけでなく、名古屋近辺の物件もあります。今後も名古屋付近のファンドが登場するかもしれません。

運営会社の不二興産は2000年設立と20年以上の歴史があり、顧客満足度でも高い評価を得ている(上記のコーポレートサイト参照)ので、安心材料の1つになりますね。

不二興産の3つの顧客満足度
不二興産の3つの顧客満足度

不動産小口化商品 優先劣後構造によるリスク低減

SOLS(ソルス)の不動産小口化商品は優先劣後構造をとっており、一般投資家のリスクを下げてくれます。

優先劣後構造は基本的に劣後出資比率が高いほど、一般投資家のリスクが下がります。詳細はこちらの記事で解説しています。

SOLS(ソルス)の不動産小口化商品の仕組み

劣後出資比率が30~88%とかなり高い(一般投資家の損失がでにくい)

劣後出資比率がかなり高いのは、SOLS(ソルス)の特徴です。まだ、ファンド数自体が少ないので今後どうなるかわかりませんが、現在までのファンドはこのようになっています。

2023/1/18募集開始の第4号案件でも劣後出資比率が65%と安全性の高いファンドになっています。

ファンド名劣後出資比率
SOLS第4号案件:F-studio VERONICA65.12%
SOLS第3号案件:フジテラス用賀(世田谷区玉川台)66%
SOLS第2号案件:ピュアライフ長草88%
SOLS第1号案件:グループホーム春日井30%
SOLS取扱ファンドの劣後出資比率(2023/1/6時点)

不動産クラウドファンディングの劣後出資比率はだいたい5~30%程度が多いので、SOLS(ソルス)のファンドはかなり劣後出資比率が高いです。当然、劣後出資分は運用会社の利益になるので、かなり自信があるということではないでしょうか。

上で説明した通り、劣後出資比率が高いということは一般投資家の損失が出にくいことを意味しています。その意味でかなり安定したリターンを期待できます。

SOLS(ソルス)の劣後出資比率

利回り・運用期間は「中」程度?募集方式は抽選式

まだファンド数が少なく、今後を見ないとわかりませんが、現在までのファンドの利回りと運用期間はこうなっています。この3つのファンドの募集方式は「抽選式」でしたので、今後も抽選式の募集が多いかもしれません。

ファンド名想定利回り運用期間
SOLS第4号案件:F-studio VERONICA4.70%18.2%
SOLS第3号案件:フジテラス用賀(世田谷区玉川台)4.50%18.3カ月
SOLS第2号案件:ピュアライフ長草7.00%6.1カ月
SOLS第1号案件:グループホーム春日井5.00%4.1カ月
SOLS取扱ファンドの劣後出資比率

SOLS(ソルス)の評判や口コミは?

SOLSの評判はどんなものかと調べてみたのですが、Twitterなどでも利用者の評判がほとんど見つかりませんでした…

逆に言うと、まだそれほど有名な不動産クラウドファンディング事業者ではないので、狙い目かもしれません。

よい投資ファンドが出てくれば私も投資するので、結果を伝えたいと思います。

2022/12/30時点では第4号ファンドまで発表されています。2023/1/18~募集開始

SOLS(ソルス)へ投資するメリットとデメリットや注意点

SOLS(ソルス)へ投資するメリットとデメリットといくつか注意点を説明します。注意点についてはあまり気にしなくてよい点かもしれません。

メリットとデメリット

SOLS(ソルス)へ投資するメリットは利回りのわりに安全性の高いことです。安全性の高さは劣後出資比率の高さ(80%越えのファンドもある!)からきています。他の不動産クラウドファンディングと比較しても一般投資家の損失が出る可能性はかなり低いといえます。

デメリットは実績が少なく新しいファンドがでにくいことです。投資したくてもファンドがないということになりそうです。

最低投資金額は5万円~10万円

SOLS(ソルス)の場合、1口当たりの投資金額は最低5万円で最低投資金額が2口以上のファンドもあるため、最低投資金額は5万円~10万円となっています。

他の不動産投資型クラウドファンディングでは最低投資金額は1万円からというところもあるので、人によってはハードルが高いと感じる人もいるかもしれません。

ただし、実際には10万円投資して利回り5%だとしても5,000円の利益しかないので、基本的には少額すぎても投資の意味があまりなくなってしまいます。

SOLSの利用銀行は 「GMOあおぞらネット銀行」と「住信SBIネット銀行」

出資金の入金手数料と分配手数料を受け取る送金手数料が投資家負担なので、ここは注意したいところです。上で説明した通り、投資金額が小さすぎるとリターンが送金手数料でとんでしまいます。

可能なら「GMOあおぞらネット銀行」か「住信SBIネット銀行」などを準備しておいて入出金の手数料をさげたほうがよさそうです。

投資家登録の流れを説明 3ステップで終了(およそ15分)

STEP
かんたん登録でメールアドレス登録

以下のバナーからSOLS(ソルス)のHPへ移動します。右上の「新規会員登録」ボタンをおして進めます。

簡単登録では、メールアドレス・パスワード・氏名・生年月日・電話番号を設定します。

SOLS(ソルス)
STEP
お客様情報登録

登録したメールアドレス宛に、かんたん登録完了メールが届きます。 メール内に記載のURLからログインしてお客様情報を登録します。

STEP
本人確認

オンラインでの本人確認となります。本人確認書類を準備してください。

【本人確認書類1】※下記のいずれか
・運転免許証
・マイナンバーカード
・在留カードもしくは特別永住証明書
【本人確認書類2】※下記のいずれか
・健康保険証
・公共料金・社会保険料の支払い領収書他
【返金用銀行口座がわかるもの】※下記のいずれか
・通帳
・キャッシュカード
・ネットバンキングの画面キャプチャ

まとめ:SOLS(ソルス)に投資家登録して準備しておきましょう

ここまで読んでいただきありがとうございました。

不動産へ分散投資をすることはリスク軽減につながるため有効な投資といえます。特に株式が不調な時期には別の動きをする投資をしたいものです。

不動産クラウドファンディングは人気がでてきているので、かなり競争率が高くなってきています。まずは複数の不動産クラウドファンディング事業者に投資家登録しておくことをおすすめします。

\ FUNDROPの投資家登録はこちらから /

SOLS(ソルス)

【さらに高利回りを求めるなら】
「TECROWD」は不動産クラウドファンディングでは珍しく海外不動産に投資できます。
優先劣後構造以外でもTECROWDが安全な理由はこちらの記事で紹介しています。

クリックして応援してくれると嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次