【S&P400とは?】米国中型株に連動するETF「IVOO」を解説!

こんにちは、みたお(@mitao_kabu99)です。

S&P500は米国株式市場のインデックスで最も人気があり、利用されることが多いものだと思っています。VOOのような米国ETFだけでなく、国内投資信託や国内ETFを通じてS&P500に投資している人も多いのではないでしょうか。

米国株式はS&P500に代表されるような大型企業だけではありません。この記事では米国中型株式のインデックスであるS&P400(S&P MidCap 400)に連動するETF「IVOO」を紹介します。2023年に入りS&P500の上昇が続き割高感がでてきているので、まだ割高になっていないS&P400へ投資してみるのはいかがでしょうか。

IVOOのポイント

【高配当の投資をしたいなら】
不動産投資型クラウドファンディングをおすすめします。
COZUCHIは平均利回りが実績で23.1%となっています。しかも過去に元本毀損はありません。
なぜ低リスクで安定したリターンを出せるのか?理由はこちら↓

目次

IVOOの基本情報

ティッカーIVOO
名称VANGUARD S&P ミッドキャップ400 ETF
基準価額(米ドル)87.33 (2023/06/16)
純資産総額(百万米ドル)1,466.75 (2023/05/31)
分配金回数/年4回
分配利回り2.77 %
経費率0.10%
設定日2010/09/07
運用会社バンガード
基本情報 2023/6/21

IVOOのリアルタイム株価チャート

IVOOの株価推移は以下のようになっています。

S&P400とは

S&P400は「S&P MidCap 400」とも呼ばれるインデックスで、S&P Dow Jones Indicesが算出しています。S&P500が米国の代表的な大型株で構成されているのに対して、S&P400は米国中型株のベンチマークとして利用されており、定期的なリバランスも行われています。

詳細指数データは上の公式ページから確認できます。覚えておくべきポイントは以下のような点です。

S&P400のポイント
  • 約400銘柄で構成されている
  • S&P500とはセクター構成がかなり違う
  • 一銘柄のウェイトが小さい
構成銘柄数401
リバランス頻度四半期ごと(3月、6月、9月、12月)
構成銘柄の時価総額最大(百万米ドル)17,065.06
時価総額中央値(百万米ドル)4,990.83
最大銘柄ウェイト(%)0.8
ウェイト上位10銘柄の合計(%)6.3
2023/6/23時点

IVOOの構成銘柄とセクター構成割合

IVOOの構成上位銘柄は以下の通りですが、中型株ですのでこれらの会社をよく知っているという人は少ないと思います。はっきり言って私も知りません。上位銘柄でも構成割合は1%を切っており、特定の銘柄の影響が少なく分散されていることがわかります。

スクロールできます
ティッカー銘柄組入比率(%)備考
BLDRビルダーズ・ファーストソース0.82建築材料の製造業者および供給業者
HUBBハベル0.72電気部品を中心としたコングロマリット産業会社
RSリライアンス・スチール・アンド・アルミナム0.66金属加工や在庫管理サービスを手掛けるメタルサービス企業
GGGグレーコ0.62流体、コーティング、および接着剤を扱うために使用される装置の製造を手掛ける企業
DECKデッカーズ・アウトドア0.60カジュアルで機能的な靴、アパレル、アクセサリーをデザインおよび販売企業
JBLジェイビル0.57エレクトロニクス設計、生産、および製品管理サービスを提供する企業
PENペナンブラ0.56神経血管および末梢血管疾患の治療のための医療機器の開発、製造企業
MANHマンハッタン・アソシエイツ0.54サプライチェーン、在庫やオムニチャネル管理のためのソフトウェアソリューションを提供
LSCCラティス・セミコンダクター0.53半導体テクノロジーの開発会社
DTダイナトレース0.53マシンデータの分析に焦点を当てたクラウドネイティブ企業
組入れ上位10銘柄

セクター構成は以下のようになっています。次にVOO(S&P500)とも比較しますがVOOとは構成割合がかなり違います。VOOは情報技術セクターなどのハイテク関連が中心ですが、IVOOは資本財や一般消費財セクターが中心となっています。

セクターローテーションの考え方では資本財や一般消費財は好景気の時に伸びやすいセクターです。情報技術や金融が回復期に強いといわれているので、回復局面から好況期にかけて投資しやすい構成をしています。

セクター名称日本語名称構成割合(%)VOOの構成割合(%)
Industrials資本財22.18.2
Consumer Discretionary一般消費財15.310.2
Financials金融14.312.4
Information Technology情報技術10.328.1
Health Careヘルスケア9.713.7
Real Estate不動産8.02.4
Materials素材6.32.4
Consumer Staples生活必需品4.66.9
Energyエネルギー3.84.2
Utilities公益事業3.72.4
Communication Services通信サービス1.98.8
セクター構成割合(2023/6/23時点)

IVOOの配当

IVOOの分配利回りは約2.5%で、VOOよりも分配金が多くなっています。IVOOは分配金を目的とした銘柄ではありませんが、定期的に分配金を受け取ることができる利回りとしては満足のいく水準といえるのではないでしょうか。ただし、この数年間IVOOの分配金は比較的安定していますが、将来的な分配金がどうなるかは予測できません。

分配金(米ドル)
2023年0.2055 ※3月実績
2022年2.5768
2021年2.176
2020年1.9149
2019年2.0703
年ごとの分配金実績

2023年は3月のみの実績となっています。年4回の分配金なので0.2ドルでは他と比べて少なく感じますが、毎年3月の分配金は少なめになっており、年後半のほうが分配金が多い傾向になっています。

VOO(バンガード S&P 500 ETF)との比較

IVOOとVOOの基本情報や過去の株価チャートを比較して、それぞれの特徴を考えてみます。

IVOOとVOOの経費率や分配金、分配利回りを比較

項目IVOOVOO
基準価額(米ドル)86.69 (2023/06/20)403.22 (2023/06/20)
純資産額(百万米ドル)1,466.75 (2023/05/31)296,342.16 (2023/05/31)
分配利回り2.79%1.50%
経費率0.10%0.03%
IVOOとVOOの比較

VOOで目を引くのは純資産総額の大きさと経費率の低さです。純資産総額はIVOOのおよそ200倍で、これは安心感を与えます。

経費率に関して言えば、IVOOの0.1%という経費率は一般的には十分低い水準です。ただし、経費率の差が投資に与える影響は個人の感覚によって変わります。例えば、1000万円の投資資金での差額は年間1万円(0.1%)と3000円(0.03%)です。これをどう見るかは個人の判断にゆだねられます。

経費率は直接的に現金を支払うものでないことにも注意が必要です。

2023年6月時点の基準価額はIVOOが約90ドル(1万円程度)に対して、VOOは約400ドル(5万円程度)です。投資しやすさを考えるとIVOOのほうが魅力的といえるかもしれません。また、S&P500(VOO)に連動する商品で少額投資を行いたい場合、国内投資信託という選択肢もあります。こちらはつみたてNISA(つみたて投資枠)を利用できる商品もあるので、米国ETFとしてはIVOOへ投資するというのもよい選択肢の一つといえます。

IVOOとVOOの株価チャートを比較

2010年~2020年まで、IVOO(赤線)とVOO(青線)はほとんど同じような株価の動きをしていました。しかし、2020年以降はVOOのリターンがIVOOのリターンを上回る傾向にあります。ただし、2020年後半から2021年前半はIVOOのリターンのほうが上回っていた時期もありました。また、2022年のではVOOの下落率のほうが大きいなど、どちらのパフォーマンスが優れているかは一概には言えない状況です。

IVOOとVOOの株価チャート
IVOOとVOOの株価チャート

特に直近のS&P500は構成上位の銘柄が大きく引き上げているともいわれています。VOOの構成上位銘柄とVOOの株価を比較するとその傾向が明確に表れています。下のチャートはVOO(ローソク足)と、アップル(AAPL)、マイクロソフト(MSFT)、アマゾン(AMZN)、エヌビディア(NVDA)、グーグル(GOOG)の株価を比較したものですこれらの銘柄はVOOの構成比率の約20%を占めており、株価を上昇させる要因となっています。

VOOと構成上位銘柄の株価推移
VOOと構成上位銘柄の株価推移

そのため、今後もS&P500よりもアンダーパフォームしている中型株が全体的に追いついてくれば、VOOの上昇率を超えることも考えられます。

S&P400の今後の見通しは?

S&P400だけの見通しを予想するのは難しいので、S&P500をベースに考えてみましょう。

S&P500の今後は?米国株の20年後はどうなる?

S&P500は情報技術セクターを中心とした構成をしています。情報技術セクターは米国が最も得とするセクターであり、今後の生活の発展に欠かせないものと考えれば、米国株式は将来的に成長する可能性が高いといえます。

ITバブル崩壊、サブプライム問題、リーマンショック、コロナショックと景気後退時期があっても、その後それ以上い成長をしてきたというのが米国株式市場です。とはいえ、1990年頃からの20~30年でS&P500は10倍ほど株価が上昇しました。次の20年でこれほどの上昇は期待はできない可能性が高い点には注意が必要です。

S&P500の株価チャート
S&P500の株価チャート

IVOOに投資するメリット

資本財や一般消費財が中心となっているIVOOに投資するメリットがないのかといえば、そんなことはありません。2023年6月現在、S&P500のPERは約25倍で割高感が強くなってきています。近年はS&P500のPERは上昇傾向にあり、何倍以上が割高という判断は難しいですが、過度に高い水準になった場合には急激な下落が起こることもあります

S&P500のPER推移
S&P500のPER推移 出典:multpl.com

IVOOのPERは2023年6月現在だと12.8倍とVOOよりもかなり低い水準となっています。IVOOの割安感が好感されれば、VOOの上昇率を上回る可能性があります。

出典:バンガード社HP

米国中型株は米国ETFを利用しないと投資しにくい

S&P500は最も利用されるインデックスの1つであるため、米国ETFに投資しなくても国内投資信託や国内ETFを利用する選択肢もあります。しかし、米国中型株は米国ETFを利用しなければ簡単に投資できません。S&P500の割高感が高まっている現在では、米国中型株への投資メリットも考えられますので、IVOOへの投資もよい選択肢の1つだと考えられます。

【IVOOに投資するならマネックス証券がおすすめ】

マネックス証券がおすすめな3つの理由
  • 米国株取引手数料や為替手数料が安い
  • 買付手数料0円の米国ETFが豊富 VTIやVOOも買付手数料キャッシュバック対象!
  • 米国版銘柄スカウターで分析もラクラク
マネックス証券のデメリット
  • 国内株の定額手数料コースで0円部分がない

米国株取引をするなら、一番おすすめできる証券会社です。
口座開設しているだけで、銘柄スカウターを使うことができます。米国版もあるので一度使ってほしいです!

\ 口座保有しているだけでもおすすめな証券会社 /

マネックス証券

クリックして応援してくれると嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

◆ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
大卒から15年以上、東京でシステムエンジニアとして働いたが40歳を前にFPに転身。ライフプランや資産運用に関する無料セミナーや個別相談を通じてお金に不安がある人の悩みを解消中。
得意な分野は資産運用。最近は不動産投資型クラウドファンディングの運用割合を増やし、投資初心者の方にもおすすめの分散投資先として布教中。

目次