【NFTベンチャーへクラウドファンディングで投資】NFT作成からマーケットプレイス出品まで簡単にできるプラットフォーム

NFT関連の企業であるConnectiv株式会社の紹介です。
FUNDINNOで株式購入を行うことができます。

こんにちは、みたお(@mitao_kabu99)です。

ここ数年で仮想通貨の普及とともに、「NFT」もメディアで頻繁に取り上げられるなど注目を集めています。

NFTは「Non-Fungible Token」の略で、日本語的には非代替性トークンです。
細かい説明はこの記事ではしませんが、簡単に言えばデジタルアートやゲームアイテムといったものでも「これが本物ですよ」という証明することができるというものです。

Twitter社の元CEOジャック・ドーシーの初ツイート取引額:291万5835ドル(約3億1640万円)で取引されたことは話題になりました。

なぜ、それほどまでに高額で取引されたのかというと話題性と希少性ということでしょう。
話題性という意味では、NFTの市場規模は2021年は前年の123倍も急成長しています。
さすがに今年も100倍の成長をすることはないと思いますが、今後も成長していく可能性は非常に高いです。

あなたがNFTやConnectiv株式会社の将来は明るいと思えば、投資して支援するのも良いかもしれませんね。

\ FUNDINNOの投資家登録はこちらから /

FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNOに関してはこちらの記事で紹介しています。

目次

Connectiv株式会社の詳細

まずはConnectiv株式会社とクラウドファンディングに関する情報です。

会社名Connectiv株式会社
代表石井裕希
住所東京都千代田区平河町二丁目5-3
資本金8,792,000円(2022年3月29日現在)
発行済株式総数76,500株(2022年3月29日現在)
発行可能株式総数7,000,000株
設立日2017年9月1日
Connectiv株式会社の基本情報

クラウドファンディングに関わる情報です。

目標募集額12,510,000円(上限応募額 50,040,000円)
本新株予約権の数5,004個
1個あたり10,000円
株主優待あり(オリジナルNFT)
エンジェル税制なし
クラウドファンディング関連情報

エンジェル税制は対象外なので注意してください

目標達成額によりますが、資金使途は主に以下のようなものに使用するようです。

資金使途
  • 開発人件費
  • 広告宣伝費
  • 通信費
  • FUNDINNOへの手数料

プロジェクト概要

プロジェクトの概要を簡単に説明します。

現在の課題

NFTの作成には高いスキルや開発コストがボトルネックに。WEB3.0時代における市場の盛り上がりには「誰もがNFTを作成できる」仕組みが必要

プロジェクト詳細 1. 解決したい課題より

NFT作品の取引には大きくいうと2つのステップがあります。

  1. NFT作品の作成
  2. マーケットプレイスへの出品

ただ、これにはいくつもハードルがあります。

NFT作品の作成から出品までのハードル
  • ブロックチェーンを使った開発やデータ解析の煩雑さ
  • ドキュメントを読むために英語の理解
  • NFTのマーケットプレイスへ出品するの手数料

どのように解決するか

誰もがより簡単に、より手軽に。NFTを無料かつNoCodeで作成し、出品までできるプラットフォーム「NFT Garden」

プロジェクト詳細 2. どの様に解決するかより

上の課題を解決するために、Connectiv株式会社では「NFT Garden」というプラットフォームをリリースしています。
NFT Gardenは以下の特徴があります。

NFT Gardenの特徴
  • NoCode(ノーコード)で作品のNFT化が無料でできる
  • 「OpenSea(世界最大のNFTマーケットプレイス)」への出品まで簡単に行える

簡単に言うと、簡単に作れるようになり、簡単に出品できるようになるということですね。

現在対応しているマーケットプレイスは「OpenSea」ですが、今後は複数のマーケットプレイス出店ができるように対応していくようです。

今後の成長ストーリー

複数のマーケットプレイスへの出品を可能にする「マルチマーケットプレイス対応」と「マルチチェーン化」、英語対応による「海外ユーザーの獲得」

プロジェクト詳細 4. 今後の成長ストーリー

具体的な技術対応としては、まずはマルチマーケットプレイスに対応していくようです。

経営的な目標としては2029年にIPOを予定しているそうです。

今後の売上予想
今後の売上予想
今後の機能追加予定など
今後の機能追加予定など

Q&A

国内外での競合サービス、競合企業を教えてください。 参入障壁が低く、競合がたくさん出てくると思いますが、競合との競合優位性について教えてください。

NFT作成APIを提供する競合企業が国内外に7社ある事を確認しており、海外の事例ですとブロックチェーンインフラサービスを提供する企業や、国内事例ですとNFT作成APIを提供する企業のサービスが競合サービスになります。他社サービスは、NFT作成機能をWebから作成のみ、又はAPI経由のみといった形態となっていると認識しており、 両方のメリットを1つのプラットフォームで得られるのはNFT Gardenのユニークなポイントであり、NFTの扱いの幅が大きいのが特徴です。

先行優位性を得るためにも、サービス展開は急務です。『今後の成長ストーリー』の信頼度はどのくらいありますか?また、2022年リリースは何月になるのでしょうか?

マイルストーンは現在のブロックチェーンを取り巻く市場の動向を見据えた上での計画になりますが、この業界は非常に動きが早く1年後の展開も読むことが難しいのが実情です。したがって、ブロックチェーンに関する最新の情報を常にインプットし、柔軟に対応の方向性を変えられるような姿勢と、それを実現できるためのチームでサービス開発を行います。それにより、ユーザー獲得数や売上など、計画の実現を目指します。正式版のリリースは2022年5月を予定しておりますが、PMFの達成を最優先とし、ユーザーの声をプロダクトに反映するための開発を進めながら正式な時期を決定してまいります。

まとめ:NFTやConnectiv株式会社に興味があれば投資してみる

NFTというコンテンツに関しては、今後まだまだ伸びるだろうなという気がしています。

個人的には急成長しているNFTに対して、2029年IPO予定はちょっと遅いような気もしますが、あなたはどう思いますか?

今後成長が見込めると思えれば、投資を検討してみてはいかがでしょうか。
Connectiv株式会社は非上場ですが、FUNDINNOを経由して投資することが可能です。

\ FUNDINNOの投資家登録はこちらから /

FUNDINNO(ファンディーノ)

クリックして応援してくれると嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次