【投資信託】基準価格じゃないよ。基準価額は高いほうがいいわけではない理由

投資信託の値段はどうやってきまるの?
同じインデックスなのに値段が違うのはなぜ?

こんにちは、みたお(@mitao_kabu99)です。

この記事ではこのような疑問を解決します。

話はそれますが、私は投資信託の値段を「基準価格」と勘違いしてました。
正しくは「基準価額」ですのでご注意を。

この記事でわかること
  • 純資産総額の重要性
  • 基準価額の決まり方
  • 基準価額が重要ではない理由

投資信託への投資をこれから始めたい方は、まずはネット証券へ口座開設しましょう。

目次

投資信託の基準価額とは

投資信託の基準価額は、投資信託の価格で1万口当たりの購入価格です。
「株価」に近いものがありますが、需給の関係で価格が決まるわけではありません。

基準価額を理解するために、まずは投資信託の純資産について説明します。

投資信託の純資産総額とは

純資産総額はその投資信託に集まっている資産の合計です。
さらに具体的に言うと、投資家からお金を集めて運用した結果から信託報酬などの運用コストを差し引いた金額です。

運用コストが差し引かれていることがポイントです。
つまり、信託報酬が高い投資信託は純資産総額が増加しにくいということになります。

純資産総額は各証券会社の投資信託銘柄から確認することができます。
例として、下図はSBI証券の投資信託銘柄画面です。

SBI証券 投資信託画面

純資産総額は以下のような理由から増加傾向にあること、額が大きいことが望ましいです。

  • 運用成績が良いため純資産が増加している可能性がある
  • 信託報酬が下がる可能性がある
  • 純資産総額が減少すると償還される可能性がある

必ずそうというわけではありませんが、純資産総額は運用結果を加味していますので純資産総額が増加しているということは、運用成績が良い可能性が高いです。
ただし、運用成績に関しては騰落率などを別途確認するようにしましょう。

純資産総額が大きくなると、全体にたいしての運用コストの割合が抑えられるため、信託報酬が下がる可能性があります。
特にETFなどは信託報酬が下がっていく傾向が高いように感じます。

純資産が減少すると強制的に償還される可能性があります。
投資信託は基本的に長期での運用を前提にされていると思いますので、あなたが予定していないタイミングで償還されることは望ましくありません。
タイミングによっては、含み損を抱えた状態で強制償還される可能性もあります。

大和iFree日経225インデックスの目論見書

基準価額の決まり方

基準価額の決まり方は純資産総額を総口数で割った1万口分の価格となります。
下図のようなイメージです。

投資家Aさん、Bさん、Cさんがそれぞれ下図の口数購入したとします。
総口数としては6万口で、運用コストを除いた純資産総額が18万円になったとします。
18万円÷6万口=3円 1万口の基準価額は3万円となります。

純資産総額と基準価額のイメージ

このように基準価額はあくまでも総口数と純資産総額で決まります。
上でも述べた通り、需給の関係で価格が決まるわけではありません。
投資信託の基準価額が更新されるのは、1日1回で前営業日の終値ベースで計算されます。

また、株式が基本的に単元(100株)単位でしか買えないのとは異なり、投資信託は1万口単位でなければ買えないわけではありません。

「金額」指定や「口数」指定などがありますが、最低金額100円以上、1円単位で購入が可能です。
詳細は証券会社サイトで確認してください。

SBI証券HPの投資信託説明

基準価額は高ければよいというわけではない

もうひとつ理解しておかなければいけないことは、投資信託は必ず開始した1日目の基準価額は1万円ということです。
1万口が1万円なので、1口1円ということですね。

つまり何が言いたいかというと、

・同じインデックスに連動していても同じ基準価額になるわけではない
・基準価額の一番高いものが一番運用成績が良いわけではない

ということです。

以下のグラフは、日経225に連動した3つの投資信託を示しています。

最新日付では青色の投資信託が一番基準価額が高いですが、一番よいかというとそういうわけではありません。(悪いというわけでもありません)

これだけではわからないということです。
連動するインデックスは同じなので、似たような動きをすることは間違いありません。
ただし、信託報酬や純資産総額の変化により今後の動きが変わります。

そのため、基準価額よりも信託報酬の率や純資産額の推により判断したほうが良いということです。

比較をするなら騰落率を確認しましょう。
もう認識していると思いますが、全期間での騰落率では意味がありません。
同じ期間での騰落率を比較してください。

ニッセイーニッセイ
大和ーiFree
PayPay-PayPay投信

まとめ:投資信託を選ぶときに基準価額は関係ない

いかがでしたでしょうか。

どのインデックスに連動するかは重要ですが、基準価額は選択基準にはなりません。
信託報酬や純資産総額などのほうが重要です。

目論見書をよく確認して、投資信託の商品を選択するようにしましょう。

ありがとうございました。

投資は1%のリターンの違いが複利効果で膨大な違いになって現れます。
常に勉強し続けましょう。以下は無料で利用できるセミナーです。有料になる前にどうぞ。

クリックして応援してくれると嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次